借金返済の無料相談をする時の注意点

借金返済の無料相談 > 借金返済の無料相談について > 借金返済の無料相談をする時の注意点

借金返済の無料相談をする時の注意点

借金返済について近年では無料で相談できる場所も増えています。
国民生活センターのような公的な機関での相談も可能ですし、民間の機関ともなると幾つも相談先があるので、どこに相談をするのかを選ぶだけでも大変だと言えるでしょう。
しかし、借金の返済で困っている人はあまりこうした情報を知りません。
また知った時には、ともかく相談しようとするのは良いのですが、自分の状況をまったく整理せずに話をしようとしてしまう傾向があります。
そこで借金返済における無料相談を利用する時の注意点を幾つか紹介していきます。

借金返済無料相談の注意点とは

まず1つ目は上でも少し触れましたが、相談を行うのは良いのですが、時間は無限にある訳ではありません。
法律事務所や相談センターなどにしても限られた時間の中で相談をすることになりますので、まずは自分が現在置かれている状況を把握しておいて下さい。
具体的に書くと、いつ、どの金融機関から、いくらの借入をしたのか、返済は滞っているのか、滞っているのならどんな取り立てがあるのか、などのことを箇条書きにしておくと相談をする方も受ける方も話がしやすくなります。
また、話の途中でこれもこれもと後出しになってしまわないように、最初にすべてのことをきちんとまとめて下さい。
この時にもう1つ注意しておきたいのは正直に話すことです。
自分にとって都合が悪そうなことは相談する時に話をしないという人も多いのですが、実際に話を進めていくと、後になって話が違うじゃないかとなってしまいます。
基本的に借金問題を相談する時には、法的な部分に則って現状に見合ったアドバイスをしてくれるものですので、嘘をついても意味がありません。
意味がないどころか下手をすると、その嘘が原因となって解決できるものもできなくなってしまうケースもあるのです。
ですので、ともかく正直に話をすることも重要なことだと一定良いでしょう。

もう1つ、相談をする時には手ぶらでいくのではなく、借入をした時の契約書や支払をした時の領収書など手元にあるものはすべて持参して下さい。
契約書などはコピーをとっておくと良いですね。
多重債務で困っている時には借入先の一覧表を作っておくと喜ばれます。
手元になにもないというような状況であるのなら、最低限上で書いたように相談すべき内容はメモ書きにする程度はしておいて下さい。
後は気をつけておきたいこととして、早く相談したいという気持ちはわかりますが、何の連絡もせずにいきなり相談をして欲しいとなっても対応できないケースも多いので、先ずは電話連絡をしてから相談する日時を決めるようにすると良いでしょう。


借金返済